BLOG

羽村で肩こり・腰痛・春バテでお困りならご相談ください

2019/02/25
春に感じる体調不良春バテ

春に感じる体調不良それって春バテかもしれません。

春はポカポカ陽気が続いたと思えば、真冬並みの寒さに逆戻りと、一年の中で寒暖差がもっとも大きい季節です。

こうした気温の変化に対応するために働くのが自律神経ですが、気温の変動があまりに大きいと、それがストレスとなって自律神経の働きが乱れてしまいます。

自律神経には全身の血管や内蔵の働きなど、体中の全ての器官をコントロールする働きがあるため、この働きが乱れると、疲れやだるさといった体の不調だけでなく、気分の浮き沈みが大きいなど心の不調にもつながります。春バテ解消には、自律神経を整えることが大切です❗

自律神経は、『交感神経』と『副交感神経』という2つの神経から成り立っています。

『交感神経』は心臓の動きを速くしたり、血圧を上下させて酸素を体の隅々に送ったりなど、活動に備える働きをしています。

『副交感神経』には、心臓の動きを遅くして体をリラックスさせる働きがあります。通常はこの2つの神経が互いにバランスを取り合うことで、心身の調子が保たれているのです。ところが、激しい寒暖差や環境の変化などのストレスが加わると交感神経が優位になるため、このバランスが不安定になって、疲れやだるさ、肩こり、便秘、冷えなどの症状が出やすくなります。このような春バテを解消するには、自律神経を整えることが大切です。

年齢を重ねると副交感神経の働きが低下し、交感神経が優位になる傾向にあります。

また、仕事や人間関係などストレスを抱えることの多い現代人は、交感神経が優位になりやすく、自律神経のバランスを乱しやすいといわれています。

仕事や家事など頑張りすぎる人は要注意ですよ。 

睡眠環境、運動、栄養、生活習慣を見直してスッキリ気分で春を楽しみましょう❗