BLOG

羽村市のカイロプラクティック、健康に梅雨を乗りきろう❗

2019/06/10
梅雨時の体調不良にご注意を❗

梅雨の体調不良にご注意を❗健康に梅雨を乗りきろう‼️

私達を憂鬱にさせる『梅雨に入ってしまいましたね。

梅雨の時期は、色々な体調不良で悩まされることありませんか?

例えば、風邪、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、腹痛、倦怠感や体の冷えなどありませんか?

実は、梅雨の時期はとても体調を崩しやすい気候になっているんです。

普段の生活の中で気をつけておかないと、梅雨の間体調不良にずっと悩まされてしまうかもです。

梅雨に起こる体調不良とは

①自律神経の乱れ

気温や湿度のばらつきによって自律神経の乱れが引き起こされます。

その結果、『体がだるい』『腹痛』『頭痛』などの症状が現れます。

1日の激しい温度差から、『肩こり』『体の冷え』の症状が出たり、免疫力が低くなって風邪をひきやすくなったりするんです。

②湿気でおきる不調

梅雨の大敵と言えば『湿気』ですよね❗

梅雨時は湿度が高くなり、その結果普段よりも体内の水分が外に出ていきにくくなり、体のむくみの原因になってしまいます。

改善するには栄養が必要です❗

体調不良で体力低下やだるさを感じる梅雨時には『ビタミンB群』を摂取することが改善対策になります。

ビタミンB群の中の『ビタミンB1』は、糖質を分解してエネルギーに変える役割を果たすことから『疲労回復ビタミン』『ストレスビタミン』とも呼ばれるほど、疲労やストレスに対して絶大な効果を発揮するんです。

ビタミンB1を多く含む食べ物は、玄米、豚もも、豚ロース紅鮭などです。

ビタミンB2』も、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるときに必要なビタミン。

ビタミンB1とともに、エネルギーを得て疲労回復するのに欠かせない栄養素なのです。

ビタミンB2を多く含む食材には、魚介類、乳製品、卵、納豆、緑黄色野菜などがあげられます。

ビタミンB群の他にたんぱく質も必要です。

たんぱく質不足は免疫力の低下にもつながり、『梅雨ダルからの夏バテの負のスパイラルに入ってしまうので要注意です。

暑さで体力を消耗し内蔵も弱りがちなので、消化吸収力に優れた魚を中心に、タンパク質をしっかりとるようにしましょう。

栄養だけでなく、『運動』『睡眠』も大切でどれかがかけてしまうと不調が顔を出してしまいますよ。

食べる、寝る、動く。普段の生活習慣の意識が梅雨時の体調を大きく左右します‼️

自分以外の家族、友人の人達もだるさ、疲労感やストレスと戦っています。

一緒に生活習慣を改善してこの梅雨を乗りきっていきましょう❗