BLOG

青梅でお寿司食べてきました♪

2019/07/06
青梅でお寿司食べてきました♪

基礎代謝、中高年から盛り返すには

お寿司もそうですけど美味しいものってついつい食べ過ぎてしまいますよね?

食べる量は昔と変わらないのに太りやすくなった、最近便秘がちでスッキリしない、疲れが抜けない。

思い当たる方はカラダの基礎代謝が落ちている可能性があります。では、どうすれば基礎代謝を上げられるのか?

太りにくく痩せやすい、理想的なカラダを手に入れるには、代謝を上げることが必須です。

まず知っておいて欲しいのは、基礎代謝は年をとるとその働きが鈍るということです。

基礎代謝は10代半ばから後半がピークてす。そのあとは年齢と共に低下していきます。

これは当然のことで、成長期には、カラダを発育させるためにたくさんのエネルギーが消費されるからです。

また、加齢とともに筋肉が落ちて、基礎代謝が下がっていきます。

そのため、歳をとって若い頃と同じような食生活をしていたら、カロリー過多に陥ってしまいます。

これも歳をとって太りやすくなる原因の一つです❗

そもそも人間のカラダはそれほど食べなくても大丈夫なようにできています。

私達は飽食と言われる時代に生きていますが、これは人類の長い歴史の中で珍しい状況です。

例えばこれまでおよそ500万年の人類の歴史を1年間に例えると、食べ物に困らない現在の生活を実現したのは今からわずか3分前に該当します。それまで人類はずっと餓えと戦ってきたのです。

だから人間のカラダにとって、エネルギーが余ってしまう今の状況は想定外。うまく対処できないため、血管がつまったり、血圧が上がったり、糖代謝がおかしくなったりということが起こるのです。

『それなら食べる量を減らそうか』と考えるのは早計です。明らかに食べ過ぎの方はともかく、無理に食べる量を減らしてしまうと健康を害する恐れがあるからです❗

そこで提案したいのが習慣的な運動を心がけること‼️

運動を行う効果は、その分のカロリーが消費できるということだけではありません。運動することで筋肉がつきます。

人体を構成する要素の中で基礎代謝がもっとも高いのが筋肉ですから、筋肉量を増やせば基礎代謝量が上がり、効率よくカロリーが消費されると言うわけです。

基礎代謝を高めるために効果的なのは、太ももや腹筋、背筋等の大きな筋肉を鍛えること。

といってもいきなり激しいトレーニングはしないでください❗今の自分にあった軽い筋トレと有酸素運動を交互に繰り返し行うことでも、効果が期待できます。

また、運動の2時間以内にたんぱく質を摂取すると筋肉がつきやすくなりますよ。

基礎代謝をアップすると血流がよくなり、冷えの改善お肌の新陳代謝にも好影響を与えるだけでなく免疫力もアップするともいわれています。

基礎代謝アップでさまざまな健康促進効果が期待できるので基礎代謝をあげていきましょう‼️