BLOG

ひまわりもうなだれる令和の夏、夏の冷え性原因

2019/08/07
ひまわりもうなだれる令和の夏

女性に多い夏の冷え性の原因

 

今、女性の間で売れてるのが寒い冬にお世話になるホッカイロ❗

どうしてと聞くと『冷え性だから』

そこで今回は夏の冷え性についてお話しします。

夏になると、外は蒸し暑く日差しは照りつけるように強いのに、手足は常に冷たいなど、『夏の冷え性』に悩む人も多いと思います。

夏の冷えの原因のひとつは、ズバリ冷房です❗

通勤中の電車や勤務先のオフィスなど、冷房がガンガン効いた場所に長時間いることで、体は芯から冷えます‼️

他にもコンビニやスーパーなど、街の至る所がキンキンに冷えている状態です。

さらに夏の食事にも冷える原因が沢山あります。

冷たい食事に飲み物、おやつにアイスクリーム、夜はビールと、1日を通して冷たいものをとる機会が増えますよね?

今年の夏は特に猛暑というより酷暑ですから冷たいものを欲しがる気持ちはわかりますが、冷たい食べ物、飲み物を取り続ける生活は冷えて当然と言えますよね?

冷房や冷たいもので冷えると体はどうなるの?

冷えとは、手足やお腹、腰など、体が冷たい、寒いと感じることをいいます。

冷房の効いた室内に長時間いると体は体温を維持しようとして、血管は収縮します。

そのため、血液の巡りが悪くなって、体の末端である手足から冷えていきます。

また、外の暑さと冷房の効いた室内との温度差が大きいと、体はうまく対応しきれず、自律神経が乱れ、同様に血液の巡りが悪くなり、体の手足から冷えていきます。

暑いときに美味しい冷たい食べ物や飲み物ですが、これが冷えの大敵‼️

氷入りのドリンクなど冷たいものをとった場合、約37度であるはずの内蔵が一気に冷えてしまい、その冷えた内蔵を暖め直すには大変なエネルギーと時間が必要になるのです。

そして、内蔵が冷えるとお腹を下しやすくなります。

自分のお腹触ってみてください❗おそらく冷たいと思いますよ。

暑い夏にお腹の調子が悪くなる人が多いのはそのためです。

その他、ストレス、運動不足など、現代生活には冷える原因がたくさんありますが、血液の巡りが悪くなると、体はこわばり冷えていくんです。

冷えの自覚症状は男性よりも女性に多く、20才以上から年齢が上がるほど多くなります。

それは、女性が男性に比べ、筋肉量が少なく、脂肪が多いため、冷えると元に戻りにくいためです。

また、年を取ると体のエネルギーを作る量が減っていきます

そのため、年を追うごとに冷えが改善しづらく、冷えの症状を訴える方が多くなるんです。

冷え性だからとホッカイロで暖めるのではなく

カイロプラクティックで改善して冷え性とサヨナラしましょう。