BLOG

知ってますか?若い人にも急増、顎関節症❗

2019/11/07
うつ伏せ寝で起こるかも、顎関節症❗

知ってますか?若い人にも急増してる顎関節症‼️

 

あくびをすると口のなかでカクンといった音がしたり、物を噛むと耳の付け根やこめかみが痛くなる。

こんな症状が現れたら顎関節症を疑いましょう❗

顎関節症の患者さんは、ここ十数年で急増しているといわれ、とくに20~30代の若い女性に多く見られます。

軽傷なら自然に治ることもありますが、放置しておくと重症化して、めまいや耳鳴り、肩こり、歯や舌の痛みが続いたり、口が開けられずに食事がとれなくなったりすることもあります。

普段の生活習慣や癖に顎関節症を引き起こす要因が隠れていることがあります❗

よくない習慣を続けていると、咀しゃく筋を緊張させて、顎関節に強いダメージを与えてしまいます。

顎関節症の代表的な症状

●顎関節やその周辺に異常を感じる。食べ物を噛むときに痛みや異常を感じる

●食事をしているとアゴがだるい、口を動かすと顎関節に痛みがある、噛みしめると顎関節が痛い

●口を開けたり閉じたりする時に顎関節がカクン、コキンというような音がする

●口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズにできない

●口が左右にうまく動かない、開けにくい、アゴが外れることがある

以上の症状のうち少なくても1つ以上あるときは顎関節症にかかっている可能性があります。

 

顎関節症が原因とみられる副症状とは

アゴ周辺だけでなく全身のさまざまなところに症状があらわれることもあるんです。

●頭痛、首や肩、背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み

●めまい、耳鳴り、耳がつまった感じ、難聴

●目の疲れ、充血、涙が出る

●鼻がつまった感じがする

●アゴが安定しない、噛み合わせがうまくできない

●歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口が渇くような気がする

●四肢のしびれなどが起こる場合もあります。

 

顎関節症リスク度チェック

普段の生活習慣に問題がないかチェックしてみましょう‼️

●急激なストレス

●歯ぎしり

●うつ伏せ寝、悪姿勢

●大口を開けたり、硬いものを噛む

●左右どちらか一方でばかり噛む癖がある❗

●うつ、睡眠障害(よく眠れない)

いかがでしたか?

当てはまるものありましたか?

顎関節症の原因❗

原因はいくつかあります。

例えば下アゴの骨と頭蓋骨の接続部分にある関節円板というクッションの役目を果たす組織がずれることで起こる場合。

関節円板は、口を開け閉めするとその動きにあわせて前後に動き、骨と骨がぶつかるのを防ぎますが、これが前の方にずれたままになってしまうことがあります。

こうなると、口を開け閉めする時にカクンと音がしたり、口が開けにくくなってしまいます❗

物を噛むときに使ってる咀しゃく筋という筋肉の障害も考えられます。慢性的にこの筋肉に負担がかかることで痛みが発生します。

生活習慣で顎関節症が起きているなら

生活習慣を改めることが必要ですね。