BLOG

羽村、瑞穂、青梅エリアでスマホ首改善なら、ともカイロプラクティックへ

2020/01/12
スマホ首改善なら、ともカイロプラクティックへ

肩より頭が前に出てると首に30キロの負担が…

 

首はもちろん、肩こり・背中が慢性的に痛く、マッサージや整形外科にいっても改善しない…

原因はスマホ依存による『スマホ首』だった❗

現代人にとってなくてはならないスマートフォン。

利用率の増加とともに、利用時間も増加傾向ですよね?

スマホを使うのは、問題ありませんが問題があるのは操作する時の姿勢‼️

スマホを操作する時、頭を前に出して少し下を向く姿勢になっていませんか?

その姿勢を長く続けていると身体は、その姿勢を記憶してしまいます。

その姿勢が楽な姿勢だと体が判断してその姿勢が好きになってしまうんですが首や背骨が凝り固まってしまうので身体への負担は、かなりのものになるのは想像できます。

若者からご年配の方までスマホのゲームとかラインとか使い方はさまざまですがスマホを操作する時は、姿勢に気をつけることが大事ですよ。

この『スマホ首』ほっておくとどれほどの悪影響を与えるのか?

スマホを覗き込む姿勢が続くと、猫背になるのはもちろん、頭痛や不眠、集中力低下がおこり、首の神経を圧迫するので自律神経にも悪影響を与えることがあります❗

それもそのはず、頭の重さは大人の平均で5キロあると言われていて、ボーリングの玉と同じくらいあるんです。

このボーリングの玉と同じくらいの重さの玉を腕を伸ばして持つのと、腕を曲げて持つのだとどちらが持ってて楽ですか?

曲げて持った方が安定してボールを持つことができませんか?

首でも同じことが起きているんです❗

このボールを細い首で支えている状態なので、前かがみの姿勢が続けばそれだけ負担が大きくなるんです。

具体的に数値で見ると、頭を15度傾けると12キロ、30度で18キロ、なんと、60度傾けた時30キロもの重さが首にかかっているんです‼️

ビックリですよね❗30キロといったら持つのもなかなか大変じゃないですか?

それが首にかかっていると思うとゾッとします。

こうした姿勢が続くと、首を左右に曲げ、ポキポキと首をならしたくなると思いますが、この首のポキポキすごく危険な行為なんです。

首をポキッと鳴ったとき、関節の間の空気が弾け、骨に1トンの圧がかかってしまうんです。

とても危険ですから、やらない方がいいですよ‼️

首の倦怠感をなくすためにも正しい姿勢はもちろん普段の自宅ケアが必要なんです。

 

ともカイロプラクティックでは、施術だけでなく自宅ケアのやり方もお伝えしていますので

お気軽にお問い合わせください。