BLOG

小作駅周辺でお肌の健康改善するなら、ともカイロプラクティックへ

2020/01/27
お肌の健康改善するなら、ともカイロプラクティックへ

スキンケアしているのにどうして乾燥するの?

●生活習慣でおこる影響

●紫外線は肌の老化の原因

●ターンオーバーのサイクル

乾燥してる日が続いてますが、スキンケアしてますか?

最近は、男性もスキンケアしてる方も増えてますね

肌の乾燥に大きく関わっているのが肌の表面、表皮という部分です。

角層細胞や細胞間脂質がすきまなく並ぶことで肌のバリア機能が働いて、肌内部から水分が蒸散するのを防ぎます。

しかし、間違った生活習慣を送っていると肌のバリア機能が低下して、水分が逃げやすくなってしまいます。

●生活習慣でおこる原因

潤いに満ちた肌は、ターンオーバーが正常に行われることで保たれています。皮膚の細胞が90日で生まれ変わる周期がターンオーバーといいます。

寝る時間が不規則だったり、夜ふかしを続けていると就寝中に分泌されるはずの成長ホルモンが分泌されなくなって、皮膚のターンオーバーは停滞してしまうんです。

また、毎日の食事からとる栄養は、肌細胞の材料となるのはもちろん、ターンオーバーを活性化させる血液の循環や代謝機能に活用されているんです。

ダイエットや偏食によってさまざまな栄養が不足すると、プルプル肌が育たなくなってしまうんです❗

お腹がいっぱいになるのと栄養が足りてるのは、=ではないんですよ。

さらに、普段のスキンケアのやり方次第で乾燥が悪化することもあります。

あなたは、洗顔のたびに肌をゴシゴシ擦ったりお湯で洗ったりしてませんか?

実はそうした物理的な刺激も肌のバリア機能を低下させて、肌を乾燥させてしまうので注意しましょう❗

●紫外線は肌の老化の原因

紫外線はシミやシワ、たるみなど肌老化の原因になります。

特に、UVBは肌の表面にダメージを与えて日焼けをおこし、角層から水分を奪って肌をごわつかせてしまうんです。

夏は、汗を大量にかくので肌表面のpHバランスが崩れ、細菌が繁殖一時的に肌のバリア機能が低下することもあります。

日頃からスキンケアを怠らないようにしていきましょう。

●ターンオーバーのサイクル

肌の乾燥対策には、睡眠や栄養補給など内側からも変えていくことも大切です。

まずは、質の良い睡眠‼️

ただ寝るだけでは、修復できないんです。

人間の体は、寝ることで修復します。

脳も休ませなくちゃいけないし筋肉も関節も❗

だからこそ柔らかいベットで寝ていては、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうだけでなく肩こり、腰痛の原因にもなってしまうんです。

睡眠環境の見直しも必要ですよ。

食事の面では、日頃からバランスのよい栄養をとることが大切で、特に肌の材料になるたんぱく質やビタミンA、ビタミンB群、抗酸化作用で肌細胞を守るビタミンCやビタミンE、亜鉛などを積極的にとるようにしましょう。

なかなか普段からバランスのよい食事は難しいという方には、サプリメントのご提案もしています。

お肌の改善には、骨格から整えて外と内両方からアプローチをしていくことが大切ですよ❗